Product

製品情報

TOP 製品情報 | 経管栄養カテーテル位置光検出システム

経管栄養カテーテル位置光検出システム

室内の蛍光灯の下で生体を透過した微弱光の検出が可能

検出したい光信号により、はるかに強い光を分離して計測する技術

意識障害、嚥下障害などにより、経口摂取できない患者に対して安定した栄養補給を行い、栄養状態を維持・改善するため、経鼻経管栄養を実施する場合があります。経鼻経管栄養は肺への誤挿入もあり、注意を要する医療行為と言えます。そのため、体内へ挿入された栄養カテーテルが胃などの適切な部位に正しく挿入され、留置させる必要があります。このような理由から体内の経管栄養カテーテルを体外のセンサで検出し、胃内にカテーテルが留置しているかどうかの位置を確認できるシステムの開発に至りました。

経管栄養カテーテル光検出システム

特 徴

  1. 経管栄養カテーテルの先端が胃内挿入の確認可能
  2. センサとカテーテル先端の位置が近くなればなるほど、高い検出値がモニターに表示されます。