Guide

企業情報

TOP 企業情報 | 沿革

History

沿革

2006年11月 設立(浜松市西区呉松町1955-1光産業創成大学院大学内)
生体硬組織光切断装置の開発開始
2008年4月 兵庫医科大学と「レーザー光による骨の切断」の共同研究を開始
6月 高度管理医療機器等販売業許可証を取得(許可番号 浜健総A第11-310号)
9月 レーザー光と生体の相互作用を研究開始
2009年9月 光と物質の透過に関する研究を開始
2010年4月 光産業創成大学院大学と「光技術を用いた医療・バイオ応用」の共同研究を開始
10月 静岡県「経営革新計画承認」(~2013.9)
(経営革新テーマ:光による物体内部の可視化装置の開発・販売)
2011年1月 本社を移転(浜松市西区呉松町1820浜松ホトニクス㈱産業開発研究所内)
4月 愛知県「知の拠点」プロジェクトの参加
8月
  • 血管透視装置「GLメディビューア」が一般医療機器の認証を受ける
  • 静岡新産業集積クラスターコンソーシアム事業化推進助成事業
  • (事業化テーマ:近赤外線透過型高精度観察システムの開発)を開始
2012年11月 第2種医療機器製造販売業許可の取得 許可番号22B2X10011
2013年3月
  • 浜松市新産業創出事業 浜松市
  • (事業名:光技術を用いた少量血液検体自動選別装置の開発)を開始
7月 新成長産業研究開発助成事業「事業化推進助成事業」静岡県産業振興財団
(事業名:透過型近赤外光による蛍光標識を用いたin vivoリアルタイムイメージング装置の開発)を開始
8月
  • ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金
  • (事業名:レーザー光による骨加工装置のレーザーヘッド及び固定アームの開発・検証)を開始
  • 平成25年度 第1回 医工連携スタートアップ支援事業 はままつ次世代光・健康医療産業創出拠点
  • 事業運営委員会(事業名:近赤外光による小型リアルタイム血流確認装置の開発)を開始
2014年 4月 地域活性化事業「産学官連携研究開発助成事業」静岡県産業振興財団
(研究テーマ:整形外科手術用骨切り用器具の高安定使用のためのレーザーマーカー装置の開発)を開始
9月 頭蓋骨切断装置米国特許取得
2015年4月 アルプス電気株式会社(東京都大田区) と生体センサモジュールの事業化に向けた業務提携発表
2016年5月 生体内観察装置(ジーニアルビューア)米国特許取得
2016年8月 本社を浜松駅前に移転。(浜松市中区常磐町145-1三井生命浜松ビル8階)
JST(科学技術振興機構)・NEDO(新エネルギー・産業技術総合機構)共催「大学発ベンチャー表彰2016」特別賞受賞
9月 高度管理医療機器等販売業許可証を取得(許可番号 浜健総A第11-572号)