Business outline

事業概要

TOP 事業概要 | ジーニアルライトの強み~3つの特徴

Strength of the geniallight

ジーニアルライトの強み~3つの特徴~

光技術と医療ネットワーク

検出波長レベルの特定、invivoイメージング技術、微弱光検出技術などジーニアルライトは様々な顧客ニーズに対応し、光技術を使った顧客の「困っていること」に対する提案ができるアイデアを多く有しています。同時にジーニアルライトを中心とした医療に関するネットワークが構築され、様々な要望に基づいてネットワークを活用した提案ができることが強みです。 ライフサイエンスに関する製品を開発するにあたり、患者及び現場を知り医療に特化した人との意見交換が大きな鍵となります。しかしながら、業界は今、光に特化した技術者と医師との直接の意見交換が乏しいのが現状です。ジーニアルライトは、医師・臨床研究医・患者・医療機器メーカーなど、開発の際に大きな役割となる意見・情報をすぐに取り入れることの出来る連携体制を特徴としています。ここから、医療のみならずライフサイエンスへの取組も加速しています。

光技術と医療ネットワーク

アナログ回路設計・マイコン回路設計

ジーニアルライトの微弱光検出技術は、従来のデバイスで検出する光検出量をはるかに凌ぐ技術があります。 通常ホワイトノイズに埋もれてしまう微弱光検出を安価なデバイスで可能にし、様々な光検出ニーズに対応できるのが強みです。 また蛍光灯などの外乱光があっても、微弱な信号光だけを分離して計測することもできます。これを支える技術こそジーニアルライトのノウハウであり、アナログ回路設計とマイコン回路設計にあります。

アナログ回路設計・マイコン回路設計
光パワーメーター
検出レベル   -60dBm  1ナノワット(暗室)
ジーニアルライトの回路設計したデバイス
検出レベル   -82dBm 6ピコワット(蛍光灯下) ※条件により検出レベルは異なります。

確かなアルゴリズムの構築

製品に必要な情報量を把握し条件に基づいて加工するためにコアとなるのがアルゴリズムです。加工する前のデータがどのような意味を有しているのかを十分に理解しなければなりません。光の解析にはアナログ回路設計とマイコン回路設計が必要になります。 アルゴリズムを構築するためには、アナログ回路とマイコン設計を理解したうえで、製品の要件に応じた専門家(アドバイザー)が協力しながらソフトを作る必要があります。通常のアルゴリズムの構築には、アナログ回路設計・マイコン回路設計・ソフト開発を分けてそれぞれを作っていきますが、ジーニアルライトではそれぞれの担当者が一体化してアルゴリズムの構築にあたります。 また、光技術に関する要件に応じた専門家(アドバイザー)ネットワークを広く有しています。そのため「あたりまえのこと」を「あたりまえ」にアウトプットできる仕組みが築けています。

光技術紹介

  •  分光
  • 複数波長による計測機器開発及び解析ソフト開発
  • [ 開発実績 ]

    • ウェアラブルデバイス
    • 植物計測
    • 生体計測
    • 薬品濃度検査
  • カメラ複数台による画像分光機器開発及び解析ソフト開発
  • [ 開発実績 ]

    • 生体計測
    • 異物検査
  •  吸光度計測
  • 微弱光検出装置の開発及び解析ソフト開発
  • [ 開発実績 ]

    • 微弱光検出装置(小型ハンディタイプ)
    • (室内蛍光灯環境下で任意波長6pw(ピコワット)の検出)
    • ウェアラブルデバイス
  • 単一波長による散乱光計測及び画像解析機器の開発及びソフト開発
  • [ 開発実績 ]

    • ジーニアルビューア・GLメディビューア
    • (13B1X00091GL001)(医療機器)の開発
    • 生体血管透視機器開発

回路設計技術紹介

  •  アナログ回路
  • 計測アンプ、レーザドライバ、電源回路の設計、製作
  • [ 開発実績 ]

    • 高ダイナミックレンジ光検出回路(直接検波/同期検波)
    • 広帯域アンプ(低雑音、低歪、DC~100MHz)
    • LD/LED駆動回路
    • 高効率電源回路(出力可変スイッチングレギュレータ)
    • 中高圧電源回路(コッククロフト)
    • アナデジ混在回路(ADC、DAC) 
  •  デジタル回路及びソフトウエア制御
  • マイコン周辺回路の設計、製作
  • マイコンソフト開発/Windowsアプリケーションソフト開発
  • [ 開発実績 ]

    • マイコン制御(回路・ソフト)
    • 論理回路
    • タイミング回路
    • サンプリング回路(~100MHz)
    • リアルタイム計測・制御
    • リモート制御(RS-232C、USB)
    • 計測用アプリケーションソフト(Windows版)